婚活パーティにおける「好感度の高い服装」について(後篇)

images

婚活パーティにおける「好感度の高い服装」について(後篇)

最後に仕上げとしてちょっとしたコツを・・・

・スーツスタイル着こなしのコツ
① コーディネイトはワントーン。多くてもスーツ色+2色(できればモノトーン+1系統色)までとすると清潔感UP。また、青系の清涼感を利用しましょう。
② スーツ、シャツ、ネクタイ3つのうちで柄の入ったものは2つまでとしましょう。
③ パンツにはアイロンをあて、クリース(プレスライン)は必ず入れましょう。
④ 靴は必ず磨きましょう。すり減った踵にも注意。意外に見られています。
⑤ スーツにノータイスタイルは下手をすると飲み帰りのお父さんに見える等、ルーズな印象を与えてしまうため、避けた方が無難と言えるでしょう。
⑥ 黒のスーツは主張が強く過度にスタイリッシュなため、意外と着こなしが難しい。
自信がない限りは避けましょう。

・ジャケパンスタイル着こなしのコツ
① シンプルで好感度の高いのは、スーツの上下をネイビージャケットとグレーのウールパンツに置き換えたスタイル。
② 上下の素材の季節感を合わせると、チグハグさはなくなります。
③ フィッティング等基本はスーツと同じですが、ややカジュアルな印象になるため
ノータイスタイルでも可(ノータイの場合ポケットチーフは必須です)
④ ボタンダウンシャツ・チェックシャツといったスーツに合わせるには
ややカジュアルと思われるシャツもジャケパンスタイルなら相性良しです。
⑤ ジャージ素材のジャケットは体にフィットし過ぎ体型補正効果が少ないため、避けましょう。
⑥ パンツをデニムとするのは「婚活パーティスタイル」としてはカジュアル過ぎます。(ただし、後日のデートスタイルとしては大いにありです)

あくまで、シンプルで上品にまとめるのがコツです。
自己主張の強いアイテムでまとめたコーディネイトは、「ナルシズム」や「周囲と調和のとれない身勝手さ」の表れと受け取られてしまう可能性があります。ご注意を。

・お気に入りの服があるならお直しという手も
筆者がよく利用するお店です。チェーン店よりコストはかかりますが、知識豊富でコミュニケーションを重視するお店です。また、着こなしのアドバイス等もいただいています。

① SARTO(服リフォーム・靴修理)http://www.sarto.jp/
② Brift H(靴磨き・修理)http://brift-h.com/

貴重なお時間を割き、最後までご高覧いただきまして有難うございました。

「恋する横浜」におきましても参加者の皆様から「服装」に関するご意見やご質問を頂く機会が増えてまいりました。今回、私の拙い知識ではございましたが、皆様に少しでも「好感度の高い服装」についてお伝えすることが出来たのであれば無上の喜びです。

「恋する横浜」会場でお会いできる事を楽しみにしております。今後とも「恋する横浜」をどうかよろしくお願いいたします。

プロフィール
名前:タサカ トモヒコ
職業:建築設計
居住地:横浜市
経歴:1972年 旧西ドイツ ゲッティンゲン市生まれ43歳
大学卒業後 ゼネコン~建築設計事務所勤務を経て、現在は横浜に本社のある某デベロッパー勤務。横浜では馬車道~日本大通り周辺の大型物件のプロジェクトにも係わった。
一級建築士。